ヤーマンキャビスパ360特徴や効果・口コミ評判は?使い方やRFコアとの違いも!

 

顔も体もどんどんたるみが気になってくるし、セルライトは目立つし・・・。

このまま何もせずいたら、どんどん悪化しそうで嫌っ!

そう思ってなにか対策をしようと美容機器を検索すると、ヤーマンの美容機器がよくヒットするんですよね

 

ただ、ヤーマンには気になる美容機器たくさん!

ヤーマンの中でも、どれが一番自分に合う機能があるのかなと見ているとキャビスパ360が凄そうなんですよね。

 

今ある体・ボディラインの悩みが360で、ほぼカバーできてしまうかも?!

今回は、そんなヤーマンのキャビスパ360の製品の特徴や口コミ、同シリーズRFコアとの違いを徹底検証しました。

ヤーマンキャビスパ360の仕様・特徴

商品名がキャビスパ360とあるように、

これ一台あれば、360度全方向からアプローチすることが可能な美容機器。

部位ごとに美容機器を買い足す必要がありません。

 

キャビテーションっていったい何?

キャビテーションとは、エステサロンの施術の一つ。

日本語でいうとすれば「空洞化現象」。

液体中に圧力の差が生じることによって、真空の気泡ができる現象のこと。

ん?ちょっとよくわかりません・・。

 

もう少し簡単に言うと・・・、

超音波を機械を使って照射することで気になる脂肪を刺激・破壊していくもの。

そして、破壊した脂肪が自然に体外に排出されるようにする人気の美容痩身法なのです。

 

それを、自宅で使える美容機器に応用させたたのがキャビスパ360。

ヤーマンキャビスパ360を使うことで、特殊な超音波を発生し同じ原理を生み出した画期的な美容機器。

家庭用美容機器が、ここまで来たかという感じですね!

 

つまり、ヤーマンキャビスパ360を当てれば当てるほど、スリムへと近づくということなのです。

ちょっと信じがたいですが・・・本当に効果が出たらと思うと嬉しすぎますね。

そうなれば、まさにエステ要らずになる家庭用美容機器。

 

ヤーマンキャビスパ360の特徴

人間の体は丸みを帯びていますよね。

従来この丸みを帯びた湾曲型に沿う電極は、実現が難しいとされてきました。

 

ヤーマン キャビスパ360では、この湾曲型の電極の開発を実現!

人間工学に基づいたスティック型の本体で、

丸みを帯びた体に、エステ手技である押し流すハンドケアを自宅で出来るようにしました。

 

さらに、EMSの機能も同時搭載で脂肪のみならず、筋肉へのアプローチも可能に!

 

つまり・・・。

ココがポイント

EMSによって筋肉を刺激して引き締めながら、

エステティシャンの手技を再現した”スライドドレナージュ”によって、

破壊された脂肪を押し流す!

これって…、完璧じゃないですか?

今大注目の機能を両方搭載しているのが嬉しい♪

 

しかも、スティック型だから使いやすい。

背中や太もも裏などの身体裏側のケアもスムーズにできるんですよね。

ヤーマンキャビスパ360は、まさに美容機器に求めていたポイントがしっかり抑えられています。

 

ヤーマン キャビスパ360には3つのモードあり

ヤーマンキャビスパ360には、3つのモードが搭載。

身体の部位により効果的に、アプローチすることができるようになっています。

 

エクサモード

筋肉を鍛えるモードで、
トントンをいう刺激によって筋肉をたたいているようなイメージです。

 

セルケアモード

お肉を揉み流すような体感で、固まったものがほぐれていきます。

 

フェイスモード

顔には30種類以上の表情筋があります。

複数の周波数を組み合わせたフェイス専用のEMS波形が、表情筋をきめ細かく刺激します。

 

キャビスパ360は防水(IPX7)

いつでもどこでもつかえる充電タイプで、防水機能も付いています。

その為、バスタイムを利用して全身トリートメントが可能。

バスタブに浸かってお肉を温めながら使えるから、より効率の良いボディケアができます。

 

ヤーマンキャビスパ360の口コミ評判

ヤーマンキャビスパ360の口コミ評判はどうなのか?

悪い口コミ・良い口コミの両方を検証してみました。

 

キャビスパ360の悪い口コミ

  • お風呂の中で使えるのは便利だけど、滑りにくい気がする。
  • 細くなった実感はまだないです。
  • もっとビリビリが強くてもいいかな・・

ヤーマンキャビスパ360の口コミですが、悪い口コミがすごく少ないことにびっくり。

お値段もそれなりに高いから、もっと酷評があるかと思っていましたが凄いですね。

 

キャビスパ360の良い口コミ

あれこれ部位ごとに買うのも大変だし、面倒だから一つで全身ケアできるのが良い。

むくみもすっきりしていて、買ってよかった。

高いけど、エステに通うのと比べたら何度も使えてコスパが良い。

スティック型で持ちやすく、使いやすいです。

毎日使っていたら、会社の人にも痩せたって言って貰えました。

お風呂で使える点は便利だけど、ジェルのほうが効果が出やすいですよ。

EMSっていっても、家庭用だし大したことないと思ってたんですが。

想像以上に刺激があって、硬かった足がやわっとしてきました。

同じようにキャビステーションタイプのを使っていましたが、明らかに効果が違います。

EMSの刺激が強い分痛さはあるけど、すごくいい。

想像以上でした。

ガチガチに凝り固まっていた首・肩が、すっきりして最高です。

フェイスラインなど、細かい動きが必要なところにも当てやすくて便利です。

気になっていたフェイスラインもすっきりして、満足しています。

発売当時は、口コミも少なかったので再度ヤーマンキャビスパ360の口コミを検証してみました!

で、びっくりしたことに悪い口コミがほとんどなかったこと。

こういうボディケア機器って、期待も大きいから悪い口コミも大抵多いんですけど・・・。

 

さらに、良い口コミでは効果を感じている人が結構います。

ボディライン。フェイスラインがすっきりしたという口コミも多く、さらに肩こりなどへの効果の声も!

 

お風呂で使うよりジェルを進める口コミが複数あったので、

早く効果を出したい方はジェルを塗って使ってみると良いかも。

安いジェルとかでOKみたいなので、そこは節約して♪

 

お風呂だと全身あちこちしているうちに、

のぼせたという人もいたので注意してくださいね^^

ヤーマンキャビスパ360の口コミから見ても、家庭用キャビでいうと、かなり優秀といってもいいと思います!

 

ヤーマンキャビスパ360の使い方は簡単?

①「MODE」の長押しで電源を入れる

②「MODE」でそれぞれのモードを選択する

③「LEVEL」で5段階のEMSの強さのレベルを選択

④使用する箇所に「EMSシェイプゲル」か水をつける

⑤筋膜ケアでお肉を押し流す

⑥引き締めケアで本体を動かさずに当て、筋肉を刺激する

 

ボタンも2つしかありません。

モードの選択も、点滅するかしないかではっきりわかるから簡単。

使い方がわからないということは、まずないですね!

 

キャビスパ360での部位ごとのケア方法

背中上部のケア

■ 筋膜ケア
反対のウエストに手を回すように電極部を背中に当て、脇の下に向かって押し流します。

■引き締めケア
肩甲骨の内側を目安に、EMSの刺激を感じる場所に電極部を押し当てます。

 

腰回りのケア

■筋膜ケア
お尻近くの背中に電極部をしっかり押し当て、片手を添えて上下に動かします。

10回に一回ほど、骨盤に沿って足の付け根に向かって押し流します。

 

ヒップのケア

■筋膜ケア
ピップの内側から外側に向かって上下にジグザグに動かします。

10回に一回ほど、骨盤に沿って足の付け根に向かって押し流します。

 

■引き締めケア
背中側の足の付け根と骨盤の上部を目安に、

EMSの刺激を感じる場所に電極部を押し当てます。

 

お腹のケア

■筋膜ケア
お腹の外側から内側へ向かってジグザグに動かします。

通る部分を、少しずつ脇腹からおへそ寄りにうつし、
片手を本体に添え、ウエストのくびれている部分に電極を当てる。

そして、骨盤に沿って足の付け根にむかって押し流します。

 

■引き締めケア
おへその上下左右を目安に、EMSの刺激を感じる場所に電極部を押し当てます。

 

太もものケア

■筋膜ケア
片手を本体に添え、膝側から骨盤に向かって太もも側面へ。

さらに前面、内側、裏側全体へと電極部を押し当てて流します。

 

■引き締めケア
太ももの裏側のセルライトが一番気になる部分を主に!

EMSの刺激を感じる場所を押し当てます。

 

二の腕のケア

■筋膜ケア

二の腕側面に電極部を押し当てながら、肘から脇下に向かって動かします。

■引き締めケア
振袖と言われる部分…二の腕の裏側を目安に、EMSの刺激を感じる場所に電極部を押し当てます。

 

ふくらはぎのケア

■筋膜ケア
片手を本体に添え電極部をふくらはぎにしっかりと押し当て、足首から膝裏にかけて動かします。

 

■引き締めケア
ふくらはぎの一番肉が多い部分を目安にEMSの刺激を感じる場所に電極部を押し当てます。

 

お顔のケア

ココに注意

まぶた、めのまわり、のどぼとけ、鼻、耳、くちびる、額は使用禁止部位です。

首筋に沿って上下
→顎先から耳の下→鼻の横から耳の横→
目の下からこめかみ→首筋に沿って上下へ動かします。

 

ヤーマンキャビスパ360とキャビスパRFコアの違いは?

キャビスパ360 キャビスパRFコア
機能の比較
  • キャビテーション
  • EMS
  • ドレナージュ
  • キャビテーション
  • EMS
  • ラジオ波
使える部位
  • 身体全体
  • デコルテ
  • 身体全体
  • デコルテ
  • バスト(キャビスパRFコア ex)
防水機能 あり あり
価格 34,000円(税抜き) 34,000円(税抜き)
45,000円(税抜き)キャビスパRFコア ex

違いといえばRFコアにあるラジオ波。

お肌の奥深くまで温めてケアをしたい派だと、

キャビスパRFコアの方が納得いく結果になるかもしれませんね。

 

しかもですね、楽天のTBSショッピング公式だと・・

なんと、ヤーマン公式よりもっと安い!これはお買い得♪

 

キャビスパ360の形状はスティック型なので、

背中の部分など手の届きにくい場所のお手入れが可能です。

まさに全身くまなくケアしたいという人は、キャビスパ360が良いですね。

ヤーマン キャビスパ360の特徴・口コミ評判 まとめ

後ろ姿って結構見られていたり、体型の印象を相手につけてしまう部分でもあります。

そんな歳とともに目立ちだす体型の悩みを、ごそっとケアできるヤーマン キャビスパ360。

 

その後ろにはみ出したお肉などを、

家にいながら話題のEMSやキャビテーションのケアできるなんて夢のような美容機器。

スティック型になったことによって持ちやすく、届きやすくなりました!

 

運動が苦手、わざわざエステに行く時間とお金がもったいない…だけど引き締めたい。

という女性の願いをかなえてくれる美容機器!

これからの季節、手や足など気になる部分がそのまま露出されるようになります。

夏に向けて今からケアをしてみてはいかがでしょうか。

-ボディケア

Copyright© 通販人気アイテムの口コミ評価・激安情報サイト , 2020 All Rights Reserved.